2P3A5881-2.jpg

Sunnyworks代表
​佐野 誠二

カメラマン(Sunnyphoto) / 人材採用プランナー

山と自然と音楽と人が好き。​
2020年に家族で滋賀県高島市に移住。
 
​びわ湖の湖西エリアは
幼少期に父と遊んだ第二のふるさと。

笑顔がかわいいタレ目ボーイズ二児の父。

  • Instagram

実績・経歴

《できること》

写真撮影・動画撮影・動画編集

ドローン撮影(国交省認定ドローン操縦技能証明取得)

Web制作

SNS運用

人材採用プランニング(人材業界13年)

プロモーションサポート

ブランディングサポート

営業(営業経験12年、年間トップセールス経験)

移住支援

登山ガイド

《好きなこと》

写真

アウトドア(登山・トレイルラン・キャンプ・釣り)

イベント企画(富士登山イベント4回開催、主催兼ガイドとして延べ25人を山頂まで案内)

ランニング(ハーフマラソン5回)

サッカー

​ギター、バンド、作詞作曲​

こどもたちと全力で遊ぶ

  

────────

➤写真
高校性の頃は写ルンですを常にカバンに入れていた
なんちゃってカメラ男子。
2013年に一眼レフカメラを手に入れ​、
家族の日常や登山での写真を撮り始める。​
2019年から自然派カメラマン
としてのお仕事を開始。

 

➤登山9年

2010​年頃から一人で登山を始める。

知識・スキルを得ながら少しづつ経験を積み、テント泊や雪山登山も一人でデビュー。

たくさんの人と山で出会い素晴らしい仲間を得る。

メジャーな山も良いが、静かに歩けるマイナールートも好き。 ​ 

山行回数:200回以上(8割以上が単独登山)

登った主な山:富士山4回、槍ヶ岳、劔岳、奥穂高岳、北穂高岳、鹿島槍ヶ岳、蝶ヶ岳、常念岳

唐松岳、五竜岳、立山三山、赤岳、阿弥陀岳、鳳凰三山、大山、比良山系多数、伊吹山多数、

赤坂山、鈴鹿山系多数、大峰山系複数回、六甲山系、京都の山々、ポンポン山

その他いろいろ。

​ 

➤音楽15年以上

中学3年でギターを始め、コピー・オリジナル共に数々のバンドを組み音楽活動。

作詞・作曲・編曲、自宅レコーディングも行う。

ブルースでロックでありながら人間味と優しさが滲み出る音楽が好き。

Mr.Children、Superfly、ウルフルズ、ビートルズなどが特に好き。

《愛用ギター》

Gibson ES-335(サンバースト)

Fender USA テレキャスター(シースルーホワイト) 

Martinのアコースティックギター

────────​

《経歴​》

子供の頃からオトンに連れられ、山や湖や海などへ探検や釣りに出かけまくる。

 

小学生でオジサン達に混ざり波止場や船や筏で魚を釣りまくる。

自然の中で食べるおにぎりやカップラーメンの美味さを知る。

 

自分で釣った大きなアイナメを煮付けで食べ、

骨が喉に刺さりめちゃ痛くて病院送り。

歴史に残る「アイナメの逆襲事件」。

小・中・高校とサッカー漬け。なのに下手くそ。

高校3年では受験勉強・バンド・生徒会活動をやりながら、仲間と草サッカーチームも立ち上げるという欲張り三昧。

サッカーチーム名はセンス皆無の「負けじ魂」。

毎日猛勉強してまわりに期待される偏差値を叩き出す。

でも勉強よりもギターを弾いていたくて、ササっと公募推薦で近場の大学に決めちゃう。

オカンと予備校の先生、泣く。

大学入学後たった3ヶ月で「俺は金曜の夜にタモさんの横に座ってみせる」と言い大学から姿を消す。

まさかの、あっさり中退。

オカン、ひたすら泣く。

バイトを掛け持ちしながら音楽・バンドに明け暮れる。

人生は音楽だ。人生はロックでブルースだ。

とか言ってはみるけどまぁ下手くそ。

 

25歳、金曜の夜にタモさんの横に座るのは困難を極めると理解。

就職活動をするも、何も出来ない高卒バンドマンはなかなか相手にしてもらえない。

 

なんとか営業の仕事に就くも、毎日延々と続く鬼の飛び込み営業の日々。

孤独と後悔と無力感から深刻なうつ病に。

1年半の苦悩の末、誰にも見つからず人生を終わらせようと一人でそっと屋久島へ。

27歳の秋。

決行前夜にゲストハウスで登山旅で来ていたお兄さんに出会い、圧倒的な優しさ深さに助けられる。

山に登る人ってなんてあたたかいのだろう。

自分を大事に想ってくれる家族や仲間のありがたさを思い知る。  

死のうとしたからこそ、死ぬほど思い知る。

地方観光業特化の人材会社に入社。

仕事で地方を頻繁に訪れ始める。

中学校の同窓会で13年振りに某女子に再会。

なんかしっくりきて、1年後奥さんになってもらう。

実は中学3年間想い続けてくれていた人。

なのに今は「くさい」としか言われない。

 

 

「屋久島で会った山のお兄さんにいつかお礼を言いたい」と思い、30歳から一人で山に登り始める。​

山に登っていたらいつかまた会えると信じて。

 

山は良い。

ただただシンプルな自分になれる、大切なことを想わせてくれる。

ということを知る。 

登山での景色や出会いや感情を、コンパクトデジタルカメラで撮るのがめちゃ楽しい。

「おっさんになっても一緒にバンドやっていよう」と約束していたバンドメンバーをある日突然亡くす。

前日もいつもと変わらずふざけて話していたのに。​

人知れず精神疾患と闘っていたことを知り、言葉にならない後悔と無力感に苛まれる日々。

 

長男が生まれる。

愛おしくて愛おしくて愛おしい。

子どもの成長記録を残したく一眼レフカメラを購入。

生後7ヶ月から背中に背負い一緒に山に連れて登る。

自分が生かしてもらってきた意味を知る。

仕事もプライベートも全力で、やりたいことはやってみる。

ありがとうと思ったらありがとうと言う。

それを貫くことを決める。

 

自然豊かな田舎でで、大好きな家族や仲間と飾らず暮らしていきたい。

そう思いはじめるも、力もお金も足りない。

いなかで自分の力で暮らし稼ぐ準備を開始。

仕事をますます頑張る。

営業職として年間トップセールス獲得。

次男が生まれる。

かわいくてかわいくてかわいくてたまらん。

 

野菜を自分で作りたくなり、近所の畑に「場所貸してください!」と飛び込み交渉。​

グーグル先生に師事しながら有機栽培でいろいろ育ててみる。

ミニトマト・ナス・イチゴ・人参・大豆・キュウリ・カブ・ラディッシュ・水菜とか。

 

自分の理想の暮らしと真逆の東京本社勤務を打診される。

全ての最先端が集まる東京で3年間修行すると決め、家族で引っ越す。

長男が生まれる時に買った想い出詰まった新築戸建ての家、あっさり売却。​

帰る場所ないし、東京に頼れる人もいない、でも嫁さんは「ええんちゃう、なんとかなるやろ。」って。

ぶっとんでる、たぶん。

東京入り。

「お前あほやな~」の親しみ込めた関西弁で

‟超キツい人”と大炎上し東京の洗礼を浴びる。

なんでやねん、なんなんそれ、ほんまびっくりするわ。

でも頑張る。

社内で富士山登山企画とかやってみる。

結果たくさんの人が来てくれて嬉しい。

  

社内新規事業コンテストで地方移住系サービスを出す。

準グランプリを取り新規事業として小さく立ち上げる。

寝る間も惜しむ勢いでやるも、まだまだ何もかも足りないことを実感。 

​めちゃくちゃ悔しい。

2019年10月、初心に戻りイチからやろうと役職・肩書きをリセット。

会社に依存せず、ワークをライフのように、ライフがワークになるように。

2019年後半、知り合ったプロカメラマンからCannonの5DmarkⅡ(ええカメラ)を譲ってもらう。

山と自然と家族と人を本気で撮っていきたいと、カメラマンとしての活動をひっそり開始。

休日に公園や山で道行く人に「撮らせてください」と声をかけたりの写真修行。

ありがたいことにすぐに初仕事を頂く。

 

2020年春、コロナウイルス騒動により会社を突然の退職。

自分の人生を大きく変えてくれた"あの日"。

必至のぱっちで滋賀県高島市に家族で移住する準備。

たくさんの人に助けてもらいながら、同年夏に無事に家族で高島に移住。

同時に自然派カメラマンSunnyphoto」として開業。

写真撮影だけでなく、人材採用コンサルティング、移住支援、パンフレット・動画・HPなどの制作、アウトドアガイドなど

のいろんなお仕事をさせてもらう。

 ​

自然派音楽イベント「ニジオト」を仲間たちとゼロから企画・立ち上げ。

無名の初開催で予定日3ヶ月前時点で200枚以上のチケットを販売するも、コロナ緊急事態宣言により無念の開催中止。

おっさんのくせに悔しくてめっちゃ泣く。車の中でやからバレてないで。

 

2022年元旦、屋号を「Sunnyworks」に変更。

たくさんの人に彩りはれやかな気持ちをもらってきた人生。

自分もいつか誰かの人生を少しでもはれやかにできたなら。

そんなきもちを込めて。

長文最後まで読んでくださりありがとうございます。

あなたが大好きです。

皆さんの人生がはれやかでありますように。

いつかお会いできることを楽しみにしています。